ホーム > 知識の広場 > ほんとうにお肌の事をかんがえるならば…UVケア化粧品

紫外線UVケア化粧品とは…

一般的に日焼け止めクリームといわれているものには、「紫外線吸収剤」と「紫外線乱反射剤」の2種類の紫外線防止剤が使われています。これらのもともとは、印刷インクが紫外線で色あせるのを防ぐのに使っていた薬品。お肌にいいわけがありません。

中でも問題なのがパラアミノ安息香酸(PABA)などに代表される「紫外線吸収剤」です。これらは、皮膚の表面に広がっている時は紫外線を防ぎますが、皮膚の中に侵入すると、こんどは逆に吸収、光化学作用で肌を荒らし、日焼けを防ぐところか、かえってシミの原因となってしまいます。しかも防腐剤やタール色素と同系統の化合物が使われることが多く、さらには長時間の仕様や常用することによって油分が酸化し、お肌にダメージを与えます。
合成ポリマーの水溶液に紫外線吸収剤を溶かし、ファンデーションの下地などにしているものもありますが、合成界面活性剤との複合作用によるお肌への悪影響が心配になります。

また、「紫外線吸収剤が入っていないから安全です。」とうたっている化粧品もありますが、中には酸化チタンや亜鉛などの金属が入っているものも少なくありません。

本当にお肌の事を考えた紫外線UVケアとは…

人が一生に浴びる紫外線のおよそ80%の量は10代後半までに浴びてしまっていると言われています。それが30~40年かけて、シミとなって肌に現れてくるのです。まずは、シミの元になるメラニンの生成を抑制し、メラニンを還元して薄くし、体外に排出できればお肌にとって負担になりません。

 

そこでLa8のピュアビタミンCが活きてきます。
シミの元を作らせない、ピュアビタミンCで
紫外線に負けない「肌ぢから」を目指しましょう。

どうしても使いたい時の、紫外線UVケア化粧品の使い方…

(1)日常生活では、外出時、日傘や帽子でお肌を護り、屋外で長時間過ごすときだけ、UVカット製品をつける。
(2)UVカット製品の常用や、長時間の使用は避ける。つけた場合は3~4時間で洗い流すようにする。
(3)UVカットのファンデーションや下地クリームを兼ねたものは、肌に直接つけないようにする。
(4)SPF、PA値の高いものはあまり使わないようにする。


ページの先頭へ