ホーム > 知識の広場 > 塩素除去

水道水には必ず含まれている『残留塩素』!
本来なら安全の為に必要な塩素ですが…

水道水は『残留塩素』の濃度が定められています
そもそもどうして水道水がカルキ臭い=塩素臭いのか?
また、「残留塩素」って何?という方も少なくないと思います。

ご存知のように、安全・安心で有名な日本の水道水ですが、元を辿ればダムや川、地下水など、天然のお水です。 自然のままのお水は、ほとんどの場合、そのままでは飲むことは出来ないので、ゴミを取り除いたり、殺菌したりして、安全な状態にしてから各家庭に配られています。

この、お水を安全・安心な状態にするために使われているのが『塩素』です。

水道法で、おうちの蛇口から出てくるお水に「きちんと殺菌作用がある濃度」を保っていることが義務付けられているので、蛇口から出てくるお水には必ず塩素が含まれていることになります。
この、蛇口の時点で残っている塩素を「残留塩素」と呼んでいます。
つまり、基準値以上に塩素が残っていることは、本来、水道水が適切に殺菌・消毒されていることの証明なのです。

残留塩素を除去してトラブルをふせぐために水素バスMINIが効果的です…

水道水の塩素の濃度は、当然、身体に影響が出ないように厳密に調整されていますし、実は、日本の水道水の残留塩素基準値は、WHOのガイドラインで定められている基準値と比べてもかなり厳しいものになっています。

それでも、独特のニオイが気になったり…
お肌の弱い方は肌トラブルの原因になったり…
髪がパサつく・・・という声もあります。

元々が強い殺菌・消毒力のある薬品ですので、「金魚のお水は一晩置いたものを使う」と教わった覚えはありませんか?
あれは、人間よりずっと身体の小さな金魚には、厳しい基準で管理されている濃度でも、水道水に残っている塩素が毒になるからです。
塩素は水道水の安全を保つために必要なものですが、髪や肌のたんぱく質を傷つけ、その結果、トラブルを引き起こす可能性があると指摘されています。
お水から塩素を取り除くには、煮沸したり、ビタミンCを添加したり、活性炭や浄水器でろ過したりと、いくつかの方法があります。
飲料水やお料理に使う分だけなら上記のような方法を試したり、ミネラルウォーターを購入したりすることもできますが、一度に約200リットルものお湯を使うお風呂はそうはいきません。
でも、生活の中で、一番お肌や髪が水道水に触れるのもお風呂の時間です。

水素バスMINIには、強力な残留塩素除去効果があります。
水素バスMINIを入れてから10分後には、お湯の中の残留塩素は100%近く除去されるという試験結果が出ています!

水素バス投入による残留塩素濃度測定結果

(単位:ppm)

初期濃度1分後5分後10分後
水素バス0.680.040.030.01

(日本水素水振興協会 測定)

水素バス投入10分後で残留塩素は0.01ppmになっています。
浴槽内の塩素が100%近く除去され、生体に優しいお湯になっていることが分かります。


ページの先頭へ